第2回リカジョ育成賞 受賞者一覧

選考委員長
長谷部 伸治

公益財団法人日産財団では、「理科教育助成」対象校の中から2年間の取組を通じて優れた研究成果をあげた助成校に「日産財団理科教育賞」を授与しています。 昨年度よりこの理科教育賞に加え、女子児童・生徒の理科への関心を顕著に高めたと評価される実践に取り組んだ個人または団体を対象とした「日産財団リカジョ賞」を創設致しました。本年度は、2018年9月1日から2019年2月28日までの公募期間に、昨年度(14件)を上回る申請を得ました。これまでに他の賞を受賞した活動やメディアに取り上げられ話題となっている活動も多く、非常に内容の充実した18件の応募の中から、本財団理科教育助成選考委員会において書面選考を行い、第2回日産財団リカジョ賞候補として下記の3件を選定しました。

グランプリ和歌山信愛中学校・高等学校 教諭 酒井 慎也 氏

女子校から未来の科学者を育成する~理科好きリカジョ育成プログラムWSP~

準グランプリチーム チョコレイト・サイエンス

チョコレイト・サイエンス -物理で美味しさをデザイン-

準グランプリ学校法人大谷学園 大谷中学校・高等学校 科学部

独自製作した装置を使って科学イベントで実験を披露し科学への興味関心を高める諸活動