牛久市立牛久第二小学校

 本校では,「理科における問題解決の力を育てる学習指導の在り方」について研修に取り組んでいます。そのための施策として「体験活動」「ICTの活用」「学び合い」を中核に授業実践を行っています。同じ学習課題であっても,実験方法を児童自身が考えたり,ペアで実験したりと一人一人が考え,実験に臨むことができるようにしています。

 その実践として,6年生「水よう液の性質」の学習を紹介します。水溶液の性質について100円ショップで購入した製氷皿を使いペア実験で学習を行いました。結果をタブレットで撮影し,Teamsで提出させるなどICTも活用しています。単元の終末では,ABCDE5種類の水溶液の名前を特定する方法について班ごとに考え,実験を行うことで課題解決の力やプログラミング的思考も高めています。

学校名

牛久市立牛久第二小学校

テーマ 理科における問題解決の力を育てる学習指導の在り方
都道府県 茨木県
学校ホームページ http://www.ushiku.ed.jp/page/page000256.html

前の記事

藤崎町立明徳中学校New!!

次の記事

南足柄市立向田小学校New!!