中高生向け「未来のリーダー教室・導入編」

 

 

  3/10 (日) 【中高生対象】
「未来のリーダー教室・導入編」in 神奈川

日産財団の 『未来のリーダー教室』が神奈川にて開催されます。
東京・横浜近郊の方、また全国からもご参加お待ちしています!

日産財団は、未来を担う子どもたちの能力開発の支援・未来のための教育の進化と
教育者の成長への貢献・グローバルに活躍するリーダー育成への貢献 をミッションにかかげ
VUCA時代の人材育成に取り組んでいます。

VUCAの世の中で躍動するには、未来に向けてみずから行動を起こすことが求められています。
私たちは、その行動によって世の中に良い変化をもたらす人=リーダーが重要であると考え、
各分野の専門家監修のもとリーダーシップ・テクノロジー・アート思考・SF思考で構成される
『未来のリーダー教室』*を作りました。

中高生および教員の先生や親御さんなど周囲の大人の方に向けたトライアルを経て、
『未来のリーダー教室』のコンセプトをよりよく理解していただくための 『導入編』 を編纂。
動画講義を中心とする、教材パッケージを開発し、昨年から全国の学校等で自律的な開催が
可能となりました。

過去の実施の様子はこちら ↓

2023年6・7月「未来のリーダー教室 導入編」が静岡雙葉中学校・高等学校で実施されました

2023年7月「未来のリーダー教室 導入編」が神奈川県立相模原中等教育学校で実施されました

そして今回、約1年ぶりの本部開催が実現し、全国の中高生を募集します。

受講者の皆さんと一緒にワクワクしたり、不思議に思ったり、ビックリしたり・・
そんなファシリテーター役として、神奈川県立相模原中等教育学校から上崎(こうざき)雅美先生を
お迎えし、世界
はどうなるのか?自分自身はどうするか?それが周りにどう影響を与えるか?
「私」を中心にぐるぐると思考する体験へ、皆さんを導きます。

未来のリーダーを目指したい、リーダーシップに興味がある、世の中のために何かアクションを起こしたい
という方はもちろん、夢や進路をどうやって描くの?と思っている方、ご参加をお待ちしています。
ぜひ会場で、皆さんの思いやアイディアを聞かせてください。

 

世の中にはいろいろな職業がある。そして、それぞれに何千人、何万人が従事している。たとえば銀行員は21万人、医師は32万人、国家公務員は58万人。裁判官のようなレアっぽい職業でも日本全体で見れば4000人近くいる。
かつてこのような職業名は「将来の夢」と結びついていた。しかし、そんな時代はもう終わる、と筆者は見ている。一人の人間がいくつもの職業をかけ持ちし、そのかけ合わせによってオリジナルな価値を生み出すようになる。すると、「職業=自分」みたいな時代が来るのだ。

そうなれば、何千人、何万人に共通するデカい肩書は、あなたのことを何も語らなくなる。「作家」だからすごいわけじゃないし、「社長」だから偉いわけじゃない。問われるのは、「結局あなたは何者なのか?」だけなのだ。そして、その問いに答えるためには、誰もが自分でオリジナルの肩書をつくらなければならなくなるだろう。
 宮本道人「はじめに 変化の時代に、変化し続けるための、オリジナルな思考法」『SF思考ビジネスと自分の未来を考えるスキル』(ダイヤモンド社,2021年)より

 

*日産財団は、早稲田大学との共同研究における日本のトップリーダー調査(経営者100人インタビュー) ならびに Future of Education(教育の未来について教育関係者や親たちと語る)ワークショップからの成果を発展させ、リーダーシップ・テクノロジー&イノベーション・アート思考・SF思考の要素を取り入れた中高生向けプログラムを構築。2019年12月から2023年12月 まで、のべ約220名の方が受講しました。

 

開催日 2024年3月10日(日)
対象 高校生,高専生 および中学生
開催形式 会場集合形式 ※オンライン参加はできません
募集人数 20名
参加費 無料
会場 川崎ステーションコンファレンス(JR川崎駅直結 徒歩3分)
講師(動画講義) 池上 重輔 、久村 春芳 、福村 彩乃 、栗田 絵莉子 、宮本 道人   
ファシリテーター 上崎 雅美(神奈川県立相模原中等教育学校 教諭)
申込み方法 イベント申し込みフォームに必要事項をご記入ください。
注意事項 ・本プログラムは、ワークやディスカッションを含みます。
・簡単な事前課題が出される可能性があります。
・必ず保護者の方に確認の上、ご参加下さい。
時間割 プログラム  担当講師 ※動画
13:00 オープニング
リーダーシップ 池上 重輔
未来を見通す 久村 春芳
アート思考 福村 彩乃・栗田 絵莉子
SF思考 宮本 道人
17:00 終了予定 エンディング

※プログラム全体の進行はファシリテーターが担当します。