私が理科に興味を持ったのは、小学4年の頃でした。担任の先生は美術がご専門で、生徒にいろいろな機会を与えることを方針とされていました。

先生の勧めで、絵画教室に参加したり新聞委員を担当したりしたのですが長続きせず、ただ一つ化学実験で先生の代理を任されたことは非常に強く心に残りました。

それをきっかけに理科に興味をもち、大学で工学を学び、企業で研究開発の仕事を選択し、現在に至っています。

当時、様々な経験を通して自分の進む道を考えさせてくれた先生に、今でも深く感謝しています。

日産財団は、豊かな未来社会を切り開く人、生き生きと活躍する人を育てるために、様々な経験と学びの場を通して子供たちの能力開発に取り組んでまいります。

公益財団法人日産財団
理事長 久村 春芳