わくわくサイエンスナビ

プロジェクトリーダー紹介

【メッセージ】

社会を変え、未来を創る“科学の心”を育てたい

「ふしぎだな」と感じ、「どうしてだろう」と問い、「こうしよう」とやってみる。こうした科学する心が、社会を変え、未来を創る力になると考えています。その体験を、まずは小学校と中学校の先生自身に。そしてその体験「わくわく」を学校で子どもたちと分かち合って欲しい。そうした思いから「わくわくサイエンスナビ」を実施しています。

教室の理科から最先端科学技術研究へと、学校の先生方をナビゲーションをするのが、私たち日産財団の役割です。参加する先生方には、最先端の研究施設や研究者に接することで、ふしぎだな、どうしてだろう、こうしようと考えていただければ幸いです。

【プロフィール】

美馬のゆり

美馬のゆり
日産財団理事 公立はこだて未来大学教授、
専門は認知科学、学習環境デザイン、科学コミュニケーション

外資系コンピュータ・メーカ勤務を経て、ハーバード大学大学院教育学研究科、東京大学大学院教育学研究科、電気通信大学大学院情報システム学研究科修了。
スタンフォード国際研究所教育工学センター国際研究員(1998年)、マサチューセッツ工科大学メディア・ラボラトリー客員研究員(2001-2002年)などを務めつつ、公立はこだて未来大学(北海道・函館)および日本科学未来館(東京・お台場)の設立計画策定に携わる。
設立後は、大学では教授(2000-2003年、2006年-現在)、科学館では副館長(2003-2006年)を務める。
現在、文部科学省の科学技術政策や教育政策に関する委員、経済産業省の製品安全に関する委員、北海道科学技術審議会委員などを務めている。
2014年度科学技術分野の文部科学大臣表彰(理解増進部門)受賞。

ページの先頭に戻る